遅刻はフィリピンの文化ではない

フィリピン人は基本的に、時間も約束も守りません。
「基本的に」と書いたのは、フィリピン人の中でも5%くらい、約束も時間も守る良識的な人たちがいるので、その人たちを保護するためです。

フィリピンに住んで2年ほどになりますが、これだけは本当に、生理的に受け入れられません。

余談ですが、私はアメリカにも6年間住んでいました。
最後の最後まで受け入れがたかったのは「チップ文化」です。

レストランなんかではまだ「料理の原材料費、調理費」+「それを運んでくれたサービス代」を払ったんだ、と自分を納得させていましたが、美容室のチップとかはもう意味不明でした。

カット代は「髪をカットしてくれた労力と技術料」。じゃあ、チップは??
チップ払ってもいいけど、さっき払ったカット料金は一体どこに行ったのでしょう?

でも、最終的には郷に入れば郷に従えでアメリカの文化として受け入れました。

話はそれましたが、同じようにフィリピンの遅刻・ドタキャンを「文化」だと主張する人たちがけっこういます。まわりの人間が言ってるならまだしも、遅れた張本人が「文化に慣れていかないとね~」とか悪気もなく言ったりします。

アメリカのチップは確かに文化ですが、はっきり言ってフィリピンの遅刻・ドタキャンは文化でも何でもない、単に「失礼極まりなく無教養で非常識な人たち」なんです。

私は人と待ち合わせをしたら、その日のその時間までに他の予定を入れずに準備をしますし、現地に遅れずに到着します。
到着後、「遅いな、まだかな?」と連絡を入れたら「あ、やっぱ今日行かないわ」とか「2時間遅刻」とかされたらどんだけの損害が出るか、フィリピン人は想像したことがあるんでしょうか。

フランスの15分遅刻くらいなら、それは文化とも言えるでしょう。
ほぼ100%遅刻・バックレなんぞ文化なんかではないです。単に舐められてるんです。

文化と言い張るならば、仕事でもそれをやってみたらどうでしょうか?
見ているとフィリピン人は意外と仕事には遅れずに来ますし、休む際には連絡を入れてきます。
なぜなら、それをしないと職を失い、食い扶持を無くすからです。つまり、やれば出来るんです。

文化と言い張るならば、安倍首相がマニラに来た際にドゥテルテ大統領が「あ、やっぱ今日気分乗らないから会談中止ね。ここはフィリピンだから郷に入れば郷に従えね。」ってやってみればいかがでしょうか?出来ますか?出来るもんなら国際社会の場で日本相手にやってみろよ。

「これはフィリピンの文化なんだから… 郷に入れば…」とか洗脳されて頑張ってる日本人は、目を覚ました方がいいと思います。

そんなことより、先進国の我々が相手に敬意を払うことの大切さや、約束を守らないことで失う信頼の不利益さを教えてあげるべきなんではないでしょうか?

私はそう思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。