女性専用車両

以前から定期的に騒動になってますが、最近また女性専用車両に男性が乗り込んでトラブルになるケースが相次いでいるようですね。

「これは差別なのではないか」といった様々な意見が出て、論争になってるようですが、こんなもん論じる余地もないです。どっからどう見たって差別でしょう。

まぁ、分かりにくかったら「痴漢する男性」を「暴力的な黒人」もしくは「性犯罪を犯す韓国人」に、被害女性を「被害を受けた日本人」に置き換えて考えてみれば簡単に分かることでしょう。

「先頭は日本人専用車です。黒人と韓国人は他の車両をご利用ください。」
って国際的な場で言えますか?言えたら大したもんじゃ。

痴漢をする男性が何より悪いのは、全員知ってるんです。ただ、男性でも大多数は痴漢なんかせんのです。それを性別で一括りにして追い出すという行為を「差別」と呼ぶんです。こんなもんここで何行も使って説明する必要もない、ちょっと小さい脳みそ使って考えてみれば分かることでしょう。

ただ、女性が一旦感情的になってしまうと何時間かけて1から論理的に説明しても無駄なんです。チンパンジーと会話する方が難易度低いんじゃないかと思います。

このように正論を言うと、正論を言った側が「あんた、痴漢を庇ってるね」とか難癖をつけられ排除されるのが日本社会なんです。ですので、ほとんどの男性は「間違ってる」と思ってても何も言わないか、世論の流れに同調するのです。100人に3人くらい、周りには流されず、自身の持つ善悪の基準を信じ行動し、主張出来る人たちがいます。それが今回、女性専用車両に乗り込んだ方々なのではないでしょうか。

案の定、空気の読めない加害者みたいな扱いで叩かれてますがね。

こういった社会の対処法って何が正解なのかよく分からんのです。おそらく、関わらない根気よく主張し続けるの2つしかないと思うのですが、後者は相当強いメンタルが必要です。

私は豆腐メンタルですので、「関わらない」を選びましたが、今回ちょろっと意見を述べてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。