運命は変えられない

野球に興味ない人にはよくわからないかと思いますが、メジャーリーグに挑戦した大谷選手が開幕から二試合連続でホームランを打ったニュースを見て、改めて「すべては才能なんだな」と思いました。

私は以前より、人間は生まれた瞬間に95%以上、運命は定まっていると考えています。

努力で人生を変えられると思ってる人たちはこれに反対して、なんでも努力に結びつけようとします。
大谷選手がここまですごいのは努力の賜物だ、とか。

もちろん「努力している」んでしょうから、これは100%間違えとは言いませんが、あまりにも才能や素質、環境や運というものを無視しすぎているような気がします。

例えば、大谷選手が身長160cmの状態から毎日の努力で(まぁ、足を引っ張ったりなんだりで)193cmまでなんとか伸ばし、今の基礎体幹を作り上げたとかなら、私も納得します。

牛乳を飲んだり、夜早く寝たり多少の努力はしたんでしょうが、これは遺伝、素質以外のなんでもないです。

このへんは努力厨の人たちにも話せばわかります。なぜなら、努力を訴える人たちは、こういった身長や顔のような「目に見える」ものに関しては努力、努力叫ばず素質や運を認める傾向にあります。

面倒くさいのが「目に見えない素質」に関して「努力で変えられる」と信じて疑わないことです。

努力厨の最大の特徴は、「努力で変えられる」と提唱している割に、言ってる自分は結構大したことがねぇってことです。

身体に欠損もあり、両親がジャンキーHIV持ちという悲惨な状況で生まれ、知的障害ぎりぎりのIQだったが、努力でIQを少しずつ上げ、欠損していた手も徐々に生やし、ゼロから世界的コングロマリットを作り上げたとか言う人が「努力あーだこーだ」言ってるのを聞いたことがありません。

このあたりでだいたい努力厨は、エジソンの「Genius is one percent inspiration, 99 percent perspiration.(天才は1%のひらめきと99%の汗)」という言葉を持ち出してホルホルし出しますが、この意味は「才能なければ99%の努力も無駄なんだよw凡人は屁こいて寝とけよw」っていう天才の煽りです。このへんを理解しないあたりも凡人なわけです。

大抵、努力、努力言ってるのは、まぁ良くて上場企業の役職持ち、年収700万くらいの社畜たちです。年収700万くらいの社畜たちはまだマシです。たまに「年収700万くらいの社畜」夫を持った専業主婦が言ってたりします。お前、、なんもやってないだろ・・・。

裏を返せば、いや返さなくても、自ら「私は努力しなかったのでイーロン・マスクのようには成れませんでした」と言ってるようなものです。

人生は生まれた瞬間に環境、素質、運も含め、ほぼ決まっています。
私は恵まれた環境で生まれました。だから自信を持って言えます。

フィリピンに住んでると残飯を食べて、ゴキブリが横を走ってる隣で寝ている子供たちを良く見かけます。
この子の親たちは、経済状況も考えず、避妊も出来なかったクズどもです。動物と同じです。
この子たちに罪はありませんが、また彼らが大人になった時に同じことを繰り返し、新たなゴミを生むでしょう。

この子たちと私の違いはなんでしょうか。この子たちは努力をしなかった結果であり、私は努力を重ねた結果でしょうか。

いいえ、違います。単にです。

この子たちはクズ親の元に生まれ、毎日の食事も取れず、十分な教育も受けられないという最悪の運命だっただけです。

たかが人間どもの努力で運命から逃れ、人生を変えられるなどと思ってる奴らは、ただただおこがましい。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。