DaiGo炎上事件考察

Last updated on 2021年8月19日

炎上した発言内容

メンタリストDaiGoさん(以下敬称略)自身のYoutubeチャンネルでの配信中に以下の発言があったため炎上した模様。ちなみに面倒くさがりなので動画見ながら書き起こしとかする気にはなれず、まとめサイトから引っ張ってきたのでDaiGo発言自体に誤りがあったらその時は訂正するので教えていただけたらと思う。(でもたぶんあってる)

僕は生活保護の人たちにお金をはらうために
税金を納めてるんじゃないからね
生活保護の人達に食わせる金があるんだったら
猫を救ってほしいと僕は思うんで
生活保護の人生きてても僕は別に得しないけどさ
猫は生きてれば得なんで
猫が道端で伸びてればかわいいもんだけど
ホームレスのおっさんが伸びてると
なんでこいつ我が物顔でダンボール引いて寝てんだろ
って思うもんね
自分にとって必要のない命は軽いんで
ホームレスの命はどうでもいい
いない方がいいじゃん
猫はでもかわいいじゃん
犯罪者殺すのだって同じですよ
群れ全体の利益にそぐわない人間を処刑して生きてるんですよ
犯罪者が社会にいるのは問題だし
皆に害があるでしょ
だから殺すんですよ 同じです
ホームレスって言っちゃ悪いけど
どちらかっていうといない方がよくない
皆確かに命は大事って思ってるよ
人権もあるから形上大事ですよ
でもいない方がよくない 正直
邪魔だしプラスになんないし 臭いし治安悪くなるし

炎上商法?

この騒動に対する世間の反応の中には「炎上商法である」という意見もちらほら見かけたが、自分はその可能性は低いように感じる。彼のYoutuberとしてのキャラはひろゆきやホラレモンタイプで確立しており、いろいろ物知りで頭が切れて、常識に捕らわれない発言をして弱者の相談に乗る振りをして実は小馬鹿にしながら実際馬鹿な信者を集めていくスタイルだったはずである。過激なことや定期的に炎上させて知名度を稼がないとユーザーがついてこないタイプの配信者でもなかったと思う。今までどおり、薄っすら人を小馬鹿にしながら配信してれば今後も安泰の地位にいたわけで、わざわざポリコレキチガイの現代にピッタリの燃料を注いで大火事にするメリットも必要性もなかったはずである。

本心?

寧ろこの発言は、DaiGo自身の中に溜まっていたヒトに対する憎悪が出た本心だと思う。一言で言うと彼は「人間が大嫌いで信用できない」のである。経済的には間違いなく成功している彼だが、生まれもった性格は私とまったく同じ陰キャの人である。その性格が故に今まで人間関係がうまく構築出来ずまわりからいじめられた過去などを持つため人間を信じられないし、人間が大嫌いなのである。アナログな感情を持つ人間との関係がうまく築けないため、彼が唯一信頼を置いているのが「金」と「人間以外の動物」なのである。人間はいとも簡単に裏切るが、金と動物だけは裏切らない。金は数値でハッキリと自身の成功を表してくれ、ソシャゲの課金と同じく金でその苦手だった人間関係をイージーモードにすることが出来る。動画中の「孫正義さんや前澤さんなど自分よりも税金払っている人から指摘されたら平謝りして道をお譲りする」という発言から分かるとおり、彼は金に全信頼を置いていて、納税額でプライドを保っている人なのである。

発言をどう思う?

上記の問題となっているDaiGoの発言を何度も読み返したが、別に個人の意見の範疇だと思う。かなりの額の税金を収めていて、それが無職の連中の保護(例えそれが障害などで働くことが出来ないという理由だとしても人間嫌いの彼にとっては知ったこっちゃなく、好きな猫の保護のが重要なのである)に使われてたらそりゃイラッとしてたまには文句も言いたくなることもあるだろう。実際に「ホームレスがなんのプラスにもならないどころか臭いし治安が悪くなる」発言に関しては何も間違ったことは言っていない。この発言が間違ってると言うならば、ラベンダーの香りを漂わせているホームレスが大量に生息する治安がとても良い高級住宅街が世界のどこに存在するのかを教えて欲しい。

命は皆平等、命に優劣がないなどという理想論を唱えてるのはその人の勝手だが、当たり前だが現実には平等なわけがない。天皇と生活保護者の命が平等とでも言うのだろうか?天皇が医療崩壊してる時にコロナに感染したとして、入院するために列の後ろに並ぶとでも思ってるのか?絶対死なせてはいけない命とまぁ最悪死んじゃっても全然影響ない命(むしろちょっと社会にとってプラスになったりする場合もある)は確実にあるし、あんたらがそれを認めたくなくて喚き散らしてその理想論に同調しない人たちをボコボコに叩いたところで、残念だが冷たい現実は変わらない。

確かに死刑囚を例に出してホームレスを同等に扱った部分だけはやや過激な発言かつ例としてはあまり良質なものだったとは言えないと思うが、それよりも周りの炎上させている連中の方が洗脳されていてヤバいと思う。いつから日本は個人の意見すら発言出来ない国になったのだろうか?

現代は「ポリコレ」と「差別への戦い」という名の大義名分があれば、それに反する人間にはどんな酷い潰し方をしても構わない、寧ろ、褒められる行為であるという風潮になっている。「差別発言は殺人並に悪いことでそれを正している自分は正義の存在なので何をしてもいい」と信じ切って行動をしているのだろうが、結局は自分の意見と違う連中を抹殺させているだけで、口では「多様性」と言いつつLGBTだけを優遇しながら、いろいろな意見の多様性は絶対認めないのである。この「自分の考えと違うやつは抹消する」という風潮は宗教戦争や魔女裁判とまったく同じである。自分たちは正義のために戦っていると信じてやまないこの人たちはイスラム教のジハードや911テロのアルカーイダとやってる事はまったく同じである。

そして、炎上させている人の中には実は「今のこの風潮おかしくね?」と薄っすら心の中で思っていてもそれを口に出したら今度は自分が標的になって社会的に抹殺されるのが怖く、このキチガイじみた世界の流れに同調してる人も少なからず居ると思う。そんなことをしているうちに多くの人は「差別発言するやつは潰していいんだ」「ポリコレに反する考えを持つやつを抹消しろ」という世界規模の洗脳に気づかないうちにかかっていくのである。

結局DaiGoは謝罪した

だっせぇな、の一言。

人が心の中で思っている(しかも炎上する事が確実でメリットもないのに口から出てしまうくらい強い考えが彼の中にあった)事が炎上後2、3日で変わるわけが絶対ない。謝罪した理由としては、これほどのヘイトが集まれば収入源であるYoutubeのチャンネルをBANされる可能性も出てきて、またスポンサー(金)も離れ出したので、とりあえず口先だけ謝罪したのだと思う。数千人以上が一人の意見に対して猛攻撃をしかけ、口先だけの謝罪させることに何の意味があるのだろうか?

大口叩いてメンタリスト名乗って頭いい成功者キャラ演じていても、金を失う恐怖に負けたのだ。結局彼は、炎上を起こす時もそれを鎮火させる時も金の奴隷なのである。私はスポンサーの存在にビクビクしながら意見を変えたりするのが嫌なので広告もスポンサーも付けずに自分のドメインの自分の作成したWebサイトで意見を発信している。だからいつまで経っても貧乏なのであるが、金持ちだけど金のために2、3日で自分の意見を変えて土下座するだっせぇDaiGoより人間的信頼感と発言の説得力はあるんではないだろうか。

最近の投稿

コアラ Written by:

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。